営業時間: 平日9時〜18時(土日祝を除く)

「あなただけの」手描き着物を京都の工房から

着物を作る(仕入れ)

琢磨は和服の製造卸として長年、有名貸衣装店や小売店に直接着物や帯を製作してきました。どこにでもあるような着物ではなく、職人が作るオリジナル着物のデザイン性や質の高さで他社と差別化したいというたくさんの会様様のご要望にお応えしています。

このような方におすすめ

  • 展示会に行ったものの求めているものがない…
  • 京都の職人が手で作ったオリジナル着物で集客をしたい
  • 以前に購入した着物が古くなってきたので新しくしたい
  • 今までドレスのみの取り扱いだったが着物も作りたい
  • 周りの競合他社が引き振袖や打掛を持っているので、自社にも着物が必要
  • 着物のプロに頼もうと思っているが、業界のことや、適正な価格が分からず不安…
  • 他社で作った着物が気に入らないので、別の会社に依頼したい
  • 着物を作るにあたって、どこの会社が良いか分からない…
  • 「こんなものを作りたい!」というものがあるので、それを叶えてくれる会社を探している

琢磨で製作するメリット

メリット

柄や色の自由度

出来上がりの商品を購入するとどうしても「見たことがあるような、よくあるような商品だな」と思うことってありますよね。誂えのオリジナル着物だと御社のお望みの柄を選べ、好きな色に染め上げることができます。

訴求効果がある!

他社とは絶対被らないオリジナルなのでお客様への訴求力が違います。御社のお客様にも「この商品は京都で作ったオリジナルの商品で、ここにこだわっています!」とどうやって作ったかというストーリーをお伝えいただくことができます。

リーズナブルな価格

直接職人と製作し問屋を通さず中間マージンをカットすることで、リーズナブルな価格で高品質な手描き京友禅の着物を一緒にお作りしております。ご予算に合わせた製作も可能ですので、お気軽にご相談ください

完成までの流れ

ヒアリング(無料)

お問い合わせや電話にてご連絡を頂いたのち、ご予約をいただき、着物製作にあたってご要望(今ある不安/不満を含む)をヒアリングさせていただきます。

ご提案(無料)

ヒアリングした内容をもとに、ご要望に沿った着物の色や柄をご提案いたします。ご提案内容をご確認いただきながら、柄のイメージや地色(背景色)などの内容など全体像を固めていきます。

お見積り(無料)

着物の全体像が決まったら、お見積もりをお出しします。ご了承いただければ、製作に入ります。

採寸

お客様にぴったり合ったサイズの着物を作るため、採寸します。この採寸を見て下絵を書いていきます。

ラフの確認

ヒアリングした内容をもとに、A3用紙に「雛形」と呼ばれるラフを描き、一度ご確認いただきます。

下絵の確認

雛形(ラフ)をもとに、実寸大の紙にざっくりと「下絵」を描きます。こちらでバランスや柄の量を見ていただきます。この時点では柄を増やしたり減らしたりすることが出来ますので、お気軽にお伝えくださいませ。

価格の半額をご入金

下絵が完成しましたら直接生地に糊を置いたり、染めの工程に入ります。その時点でお見積もり金額の半分のお支払いをお願いいたします。

商品の進捗報告

ご入金後、下絵の本描きをし下絵を完成させます。その後、糊置き、染め(背景色)、染め(柄)、金彩(金、銀を柄に置く)、刺繍を順番にして行きます。その都度お客様には「今どういうこと(工程)をしております」といった進捗報告をいたします。

納品

刺繍が終わりましたら、お客様のご要望の寸法に合ったサイズでお仕立てをし、完成します。

残りをご入金

納品後、請求書をお送りいたしますので、ご入金をお願いします。
納品後、お困りのことがありましたら、どのようなことでも結構ですので何なりとお伝えください。